人気ブログランキング |
ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

ANA機内誌「翼の王国」

ANA機内誌「翼の王国」9月号に、
伊藤正道さんの仕事と設計したgiogio factoryが掲載されました。
giogio factory、9月3日のブログを見てください。

平均搭乗者数、約400万人/月
何万人の人が、この記事を読むのかな。

なんだか、とてもうれしい。
# by sato-sigenori | 2009-09-03 21:34 | 日々 | Comments(0)

改修の仕事は、宝の山

改修の仕事は、宝の山_a0122098_1584064.jpg

築22年、大きな住宅の改修。
改修の模型も、切ったり貼ったりしながら居心地を探す。
ほぼ、方針が見えてきた。
改修の設計は、既存建物のマイナス面を具体的に解決しながら、
建築という御馳走を見つける仕事。
内科医のように、クライアントと建物を診察(観察)しながら、
建物の改修案を探る。
時には、外科的な処置もしなくてはならない・・・。
オリジナルの建物を、読み取る力がとても大切。
その力が足りないと建築としてのバランスを崩し、
居心地も中途半端になる。その上、コストにも跳ね返る。

改修の設計は、難しいけれど、
その仕事の中で、「建築」を、発見する事がある。
新しい建築のヒントは、改修工事から生まれる。
改修の仕事は、宝の山。
# by sato-sigenori | 2009-09-01 16:44 | 建築 | Comments(0)

ヌチドゥ タカラ=いのちこそ たから

ヌチドゥ タカラ=いのちこそ たから_a0122098_2071860.jpg


今年のオキナワ
子供たちも大きくなったので、
子供たちと戦争に関係する場所に行く事にしました。
沖縄県平和祈念資料館、ひめゆり平和祈念資料館、佐喜真美術館へ
佐喜真美術館には、ノーベル平和賞候補になった
丸木俊さんと位里さんが筆で書いた「沖縄戦の図」があります。
400cm×850cmの大きな絵。
沖縄に行かれる方は、戦争に関係する場所に、必ず行ってほしい。
そして、ぜひこの絵を見てほしい。

そのあとで改めて、沖縄の青く広い空と美しい海を見てほしい。
# by sato-sigenori | 2009-08-27 20:44 | 沖縄くらし | Comments(0)

今年のオキナワ

今年のオキナワ_a0122098_93352.jpg












今年のオキナワ_a0122098_905111.jpg













今年のオキナワ_a0122098_911553.jpg





















今年のオキナワ_a0122098_913250.jpg













今年のオキナワ_a0122098_92186.jpg













今年のオキナワ_a0122098_92236.jpg






















今年のオキナワ_a0122098_924333.jpg























里帰りで沖縄へ
やっぱり沖縄は暑い。

沖縄の家は、コンクリート打ち放しに、ペンキ仕上げが多い。
台風やシロアリの対策だと聞くが、
なぜ、外断熱や遮熱コンクリートを考えないのかなー。
そして、この環境にふさわしいプランを考えないと・・・。
暑い沖縄に行くと、いつも思う。
# by sato-sigenori | 2009-08-26 09:16 | 沖縄くらし | Comments(2)

夏休みの宿題

夏休みの宿題_a0122098_18191873.jpg












家族が里帰りでいない時の大掃除と読書が、
夏休みの宿題。毎年同じ。
年の暮れにも大掃除をしますが、
みんながいない事をチャンスと、ひとり、夏の大掃除。
大きな窓の掃除から始まり、フローリングのワックスがけ、
テーブルのオイル拭き、浴槽の配管クリーニング、
扇風機の掃除まで、2日はかかる。
大きな窓の高さは2250ミリ、僕の手の届く高さ。
あまりにもきれいにガラスを磨いたので、鳥がぶつかったらしい。
大きく羽を広げた形が、白く残っていた。痛かっただろうな。
パインフローリングのワックスは、
リボス自然健康「グラノス」植物ワックスクリーナー、
使いやすさとあまり滑らないので、気に入っています。
家族が留守だからといって遊んでいられません。(笑)
夏休みの宿題_a0122098_17304251.jpg






















夏休みの読書は、だいたいノンフィクションが多い。
今年は、第8回開高健賞受賞作「空と山のあいだ」
1964年1月、青森県岩木山(1625m)でおきた遭難事故、
大館鳳鳴高校生5人が冬山で遭難、奇跡的に1人が助かる。
35年という時間を経たことで、1999年に生まれた本。


皆さん楽しい夏休みを・・・。
# by sato-sigenori | 2009-08-16 18:31 | 日々 | Comments(0)