ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

2019 薪ストーブシーズン、始まる

a0122098_1726933.jpg

a0122098_17264734.jpg

12月6日、やっと薪ストーブが恋しい気温になる。
この冬も、たくさん楽しみたい。
新しい薪ストーブも、図面が書き終わった。
ここまで、15ヶ月。
もう少し。
[PR]
# by sato-sigenori | 2018-12-06 17:30 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

キッチンストーブ egg 開発 ベニヤ試作

キッチンストーブ・eggは、ベニアで試作。
ストーブ製作をする金澤図工さんの提案により、
ベニア製モックアップにて打ち合わせ。
全体の印象はもちろん、ディテール、鉄板の切り出し、
溶接箇所、メンテナンス、掃除など、多角的に相談、確認する。
曲面耐熱ガラスは、すでに出来ている。
次は、本物の製作となる。

金澤さん、
シナベニア溝刻みによる曲線加工、ありがとうございました。


a0122098_1952141.jpg

[PR]
# by sato-sigenori | 2018-11-29 14:56 | 薪ストーブ | Comments(0)

6年ぶりの陶芸教室

a0122098_21471151.jpg

6年ぶりに、陶芸教室。
教科書通りにつくることは、個人的に卒業。
四角くまとめた土の塊から、一生懸命に削り出し。
きっと、誰も試みたことのないつくり方。
自由につくりたい。
建築は、最初から、制約が多い。
自由になりたい。
次回は、金物を使わず、指で削ろう。

[PR]
# by sato-sigenori | 2018-11-24 21:54 | 陶芸教室 | Comments(0)

横浜・屏風浦の住宅 photo

横浜・屏風浦の住宅

岸壁に係留された建築

横浜・屏風浦は、地名の通り屏風のような崖をもつ場所。
敷地は、南と北に擁壁を持った僅かに平らな場所。
敷地へのアプローチは、
北側擁壁と敷地の間、ひと一人が通れる道。
敷地に通いながら、
岸壁に留まる船に乗るような気持ちと重なる。

建物を船と考えることで、設計という複雑なプログラムが、
気持ちよく解決していく。

敷地条件により、クレーンなどの建設重機による作業ができない。
人力による構造材の組み立てを考え、
軽量化による短く細い部材、短スパンのよる構造計画。
短スパンにより生まれた室内の中間に位置する丸柱の存在は、マストとなり、
全体を覆う、ゆるい曲線天井は、合理的なヨット天井と重なる。
外観は白く、ウッドデッキと白いタープという帆。

規模  地上2階
敷地面積 328.41㎡(99.34坪)
建築面積  57.90㎡(17.51坪)
延床面積 127.06㎡(38.43坪)
構造  主要構造 木造在来工法
    基礎 鉄筋コンクリートベタ基礎
構造設計・山田憲明構造設計事務所
施工・コボットハウス
photo 大友洋祐

天井は、緩い曲線・記事
a0122098_19492318.jpg
a0122098_1950266.jpg

a0122098_19502732.jpg

a0122098_19505841.jpg

a0122098_19513245.jpg

a0122098_1952183.jpg

a0122098_19523219.jpg

a0122098_1953156.jpg

a0122098_19534498.jpg

a0122098_19542213.jpg

a0122098_195527.jpg

a0122098_1955305.jpg

a0122098_19561286.jpg

a0122098_19563430.jpg

a0122098_1957070.jpg

a0122098_19572478.jpg

a0122098_1957506.jpg

[PR]
# by sato-sigenori | 2018-11-20 19:58 | 屏風浦の住宅 | Comments(0)

時がつくりだす景色・清瀬の住宅

a0122098_20245655.jpg

保育園改修の打ち合わせで、清瀬へ。
2010年に完成した住宅。
小さいけれど、魅力的な景色に育っていました。

緑をたくさん、植えたいなぁ。
できれば果樹をたくさん・・・。

清瀬の住宅
[PR]
# by sato-sigenori | 2018-11-07 20:29 | 建築 | Comments(0)