ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

「裸形のデザイン」展

a0122098_8502658.jpg













昨晩、澄敬一さんが、関わった「裸形のデザイン」展、
そのオープニングパーティーに行ってきました。
澄さんは、新しい「折形デザイン研究所」の空間をつくった人。

アルミでつくられた日用品。
その日用品の表面の化粧(塗料はもちろん、時代、汚れ)を落とし、
アルミ素材から生まれた裸の形が、楽しく展示されています。
流通いう流れの中に埋もれてしまった物達、
表面の塗料を落とす事で、デザインの裸形が、現れてきます。
形の素直さに驚きながらも、表情の豊かさに口元が緩みます。

住宅設計ばかりしていると、そのような裸形として、
住宅を考える事の大切さを忘れてしまいます。
しかし、住宅の裸形とはなんでしょうか・・・。
決して、柱や梁の構造の明快さだけでないと思います・・・。
日常の自分の事を反省しながら、ものたちと向き合う展示会でした。

「裸形のデザイン」
2009/7/17~8/16
場所 CLASKA 3F Gallery&Shop Do
[PR]
# by sato-sigenori | 2009-07-18 09:36 | 日々 | Comments(2)

CM撮影

a0122098_20471036.jpg












事務所の隣のケーキ屋さんで、
昨日、CMの撮影がありました。
何のCMか全く知りませんが、大変な数の人が、
関わって撮影が行われていました。
その様子を見ていて、大学4年生の時を思い出しました。

僕の卒業設計のテーマは、「人が集まる場所」。
一生懸命、建築で出来る事を探していた頃、
バイト先の若手論客有名建築家と
卒業設計の話をする事がありました。
その会話の中で、若手論客有名建築家が、
「アイドルが1人くれば、何千人も、簡単に集まるんだよねー」と
ぽつり・・・。
その冷めた感じが、とても悔しかった。

大学4年、暑い夏の朝、銀座線、渋谷駅のホームでの事。
[PR]
# by sato-sigenori | 2009-07-15 21:28 | 日々 | Comments(2)

鳥取・岡山・山口に行ってきました

金曜日から、3泊4日で、出かけていました。

鳥取の現場が終わって、3ヶ月、
完成のお祝いの会を開いていただきました。
設計者冥利につきます。
沢山の御馳走とお礼のお言葉を
頂きまして、ありがとうございます。
東京というホームでなく、
鳥取というアウェーでの設計の楽しさを、
原稿用紙2枚分のお礼の言葉としました。
また、鳥取、田中建設さんと仕事がしたいです。
専務の竹内さん、よろしくお願いします。

現場の時は、いつも、飛行機でとんぼ返りでしたが、
今回はお祝いの会という事もあって、気持ちにゆとりが・・・。
念願であった三徳山の投入堂へ、
鎖場ありの六根清浄、厳しい登山を
現場監督の林さんと命がけで行ってきました。


次の日、鳥取から山陽に出て
岡山の犬島に船で渡り、アートプロジェクトを見学、

その後、山口、光に、レミングハウス時代から友人、
木村さん、仲山さん達に会い行きました。
たくさん飲んで、食べて、たくさん話をしましたが
一晩では、時間が足りません。

次の日、時間を見つけて、人間魚雷・回天で有名な大津島に渡り、
木村さんが設計した一日一組のお客さんのための宿泊施設
「只只(ただただ)」に、連れて行ってもらいました。
何もないけど、すべてがある場所、次は泊まってみたい。




たくさんの人のおかげで、今の僕がいる。

環境を考え、環境を守る、環境をつくるという事は、
やっぱりお金がかかる事なのだろうか。

そんなことを考えた3泊4日でした。



a0122098_10572832.jpga0122098_11364749.jpga0122098_10591236.jpga0122098_11411659.jpga0122098_113791.jpga0122098_11374599.jpga0122098_1138512.jpg
[PR]
# by sato-sigenori | 2009-07-14 11:03 | 日々 | Comments(0)

ゴーヤージュース

僕の家内は、沖縄出身、ウチナンチュウ。
先日、鳥取のクライアントから、ゴーヤージュースの作り方を教えてと・・・。
リクエストに応えて、今日、家内が書いたレシピです。

ゴーヤージュースを飲めば、暑い夏もナンクルナイサー。

a0122098_13313699.jpg

[PR]
# by sato-sigenori | 2009-07-10 13:32 | 沖縄 | Comments(4)

オープンデスク

a0122098_10143620.jpg












毎年、2~3人、オープンデスク(体験型研修生)として、
僕の小さな事務所に来てくれます。
短い人で一週間、長い人で1ヶ月ぐらい。
彼らは、建築やデザインを勉強している学生や社会人です。
掃除や雑用もお願いしますが、せっかくの機会ですから、
必ず一つのprojectを与えて、一緒に答えを出す作業を行う事にしています。
それがコンペであったり、家具であったり・・・。
僕も新しい人と「新しいこと」を考えるので、
新鮮で新しい発見がありますが、考えてこんでしまう事も・・・。
年齢も僕の半分だったり・・・。
そこが楽しかったり、きつかったり・・・。
こちらも鍛えられます。


彼らには、毎回、同じことを話しているような気がする。

挨拶は元気よく
時間を守る
片付けは、デザインの基本
水平、垂直はしっかりと
形から、つくらないで
プロとして考えて
相手の気持ちを考えて
デザインと建築の違いを考えて
住宅も建築、そこをよく考えて
新しいことは、そんなに簡単に出来ないから、焦らないで
事務所で寝泊まりしない、徹夜はしない

という感じ、たいへんだなー。
うるさい「おやじ」になってしまった。

今年の夏、はじめて、建築家協会・オープンデスク制度を使って、
学生がやってくる。何をやってもらおうかな。
[PR]
# by sato-sigenori | 2009-07-10 10:43 | 建築 | Comments(2)