ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2017・夏季休暇は デッキ工事と床オイル塗り

2017・夏季休暇は、デッキ工事と床オイル塗り

「府中の住宅」の完成して、11年目。

2階バルコニーのデッキ材は、ヒノキt=24。
5年前、特に痛んでいる6枚を交換を行った。
残りの30枚も痛みが激しく、今回全て、交換。
オイルをたっぷり染み込ませて、セルフで取り付け。
また、10年ぐらいしかもたないだろうなぁ・・・。
それでも、足感触の良さから、ヒノキ材で頑張りたい。

床オイル塗りは、3年前の5月に行った。
基本2回塗装だけれど、都合で1回のみで終わってしまった。
そのため、今回がその2回目。
改めて、汚れを落とし、オイルを塗る。
乾燥時間(オープンタイム)と
生活をしながらの作業を考えると、1日では、塗りきれない。

結局、延べ3日間の作業、
毎日が筋肉痛だけれど、
宿題を終えた時のように、心は晴れ晴れ・・・。

手入れをしながら、暮らしを作っていく。
気持ち良い10年間が待っている。
趣味は、自宅の手入れと片付けかも・・・。
a0122098_22321540.jpg
a0122098_22324815.jpg
a0122098_22331471.jpg

[PR]
by sato-sigenori | 2017-08-15 22:33 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

静岡・ながおもての住宅

静岡・ながおもての住宅  

6車線の広い道路、みかん畑をもった広い敷地の実家、
そして、木材が豊富な静岡。
脈絡の無いこの環境の中で、
のびのびと暮らしができる形を探した。
結果として、
道路側にたっぷりと緑のスペースをつくり、建物を奥に寄せ、
シンプルな家形で、トンネル住宅をつくり、
道路と実家につなげた。

内部は、プランの中心に、4本柱を配置することで、
部屋が、スムーズにつながった。
動線が、その柱たちに絡み、
奥行きのある多様なシーンが生まれた住宅。 

規模/地上2階
敷地面積 202.48㎡ (61.13坪)
延床面積112.847㎡(34.07坪)
構造/木造在来工法
竣工/2015年3月
建築設計/佐藤重徳建築設計事務所
構造設計/山田憲明構造設計事務所
施工/クレバ建築工房
写真/大友洋祐
a0122098_8254154.jpg
a0122098_8252616.jpg
a0122098_825592.jpg
a0122098_824463.jpg
a0122098_8242430.jpg
a0122098_824353.jpg
a0122098_8233655.jpg
a0122098_8232092.jpg
a0122098_823263.jpg
a0122098_8224195.jpg
a0122098_8221636.jpg
a0122098_8214883.jpg
a0122098_821395.jpg
a0122098_820454.jpg
a0122098_8202816.jpg
a0122098_820770.jpg
a0122098_8194542.jpg
a0122098_819154.jpg
a0122098_8183339.jpg
a0122098_8181113.jpg

[PR]
by sato-sigenori | 2017-08-11 08:26 | ながおもての住宅 | Comments(0)

国分寺の住宅・上棟

a0122098_21152472.jpg

今日は、「国分寺の住宅」上棟。

建物が建つことで、
何かを変えたい気がする場所がある。
うーーん、
例えば、街並みの閉塞感だろうか。
元気にしたい。
[PR]
by sato-sigenori | 2017-08-09 21:41 | 国分寺の住宅 | Comments(0)