ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こども椅子 その4

a0122098_151156100.jpg













こども椅子 その4

一日かけて、ペーパー掛け、
そして、一日かけて、オイル拭き。
一生懸命、考え、つくった。

まずは、ひとつ、つくった。
初期の小さな模型の愛らしい形と原寸としての現実的な形。
完成から、二ヶ月間、毎日、眺めた。

そのふたつの間にあるものを、
これからじっくり埋めたいと思う。
次回は、背の高さを押さようと思う・・・。

昨晩、誕生祝いとして、初仕事をプレゼントした。

椅子を考えるきっかけをつくってくれてありがとう。

デザインも上手く育てたい。

a0122098_15124970.jpg













この春から進めている「キッチンストーブ」のデザインも、
来春の展覧会に向けて、まとめなくては・・・。

キッチンストーブ
[PR]
by sato-sigenori | 2013-12-28 15:24 | 小さい建築 | Comments(0)

こども椅子 その3

a0122098_10272949.jpg












こどもの椅子 その3

ダンボールの試作の後は、桐板を使っての試作。
試作と言っても、ほぼ本番。

なぜ、材料は、桐板なのか。
4本足の椅子は、たくさんある。
デザインも出尽くしている感がある。
誰もトライしていない、新しいものを考えたい。
軽くて、柔らかい素材。
だからこそ生まれる形があると思う。
まずは、知り合いの家具屋さんに、
板材を切り、組み立ててもらった。
写真は、その状況。

次のステップは、
自分の手で、
すべての角を坊主に、
丸くペーパー掛け、様子を見ながら行う。
その変化を楽しみたい。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-12-19 10:32 | 小さい建築 | Comments(0)

階段、宙に浮く

a0122098_1459265.jpg












工事中の階段。
このような階段は、なんて呼ぶのだろうか。
行って、戻って来る・・・。
僕は、「行って来い階段」と呼んでいるが、
もっとスマートな呼び方があるかもしれない。

写真は、3層の建物の上階を繋ぐ鉄骨階段。
下階を繋ぐ階段は、木製。
たくさんの階段をつくって来たけれど、
このように、宙に浮く階段は、はじめて・・・。
浮遊感を持ちながら、安心して、使える階段にしたい。

限られたスペース、
踊り場周辺が、難しい。
苦労を見せず、スッキリと納める事が出来たと思う。

階段鉄部の色は、何色が良いだろうか。
R部分が生きる色にしたいなぁ。

a0122098_158515.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2013-12-14 15:04 | 上井草の住宅 | Comments(0)

折形デザイン研究所 本棚納品

a0122098_933342.jpg























折形デザイン研究所の本棚を
デザインし、製作し、納品しました。

本棚の設計は、難しい。

今回は、
本棚が主張しない、
本のための本棚という課題。

ある法則を見つけ、構成を考える。
空の状態でも、簡素で構成が美しい本棚。

シナベニア15㎜、クロームビス、無塗装

オープンデスクくんが、製作を担当。
彼は、人生で、はじめて、
物をつくって、人に感謝されたらしい。

旧折形デザイン研究所
[PR]
by sato-sigenori | 2013-12-07 09:03 | 小さい建築 | Comments(0)

2013 薪ストーブの季節がやって来た

a0122098_15394226.jpga0122098_15404321.jpg


























薪ストーブの季節がやって来た。

初日の薪は、夏、庭の剪定で切り落とした枝。
自分の家で育った樹木にも、出来る限りの事をしてあげたい。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-12-04 15:44 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

子育て雑誌「edu・エデュー」2014年1月号

a0122098_905457.jpg












子育て雑誌「edu・エデュー」2014年1月号

2007年に、リフォームした住宅が掲載されました。
夫婦共に雑誌編集者、お母さんとの二世帯住宅。
子世帯は、リビング学習を実践している。
そのレポートです。

親世帯には、立派なソファ付きの居間があるので、
子世帯は、ちゃぶ台、畳敷きのごろごろスタイル。
5メートルの長机、ワゴン収納が大活躍という感じ。

リビング学習なんて、しゃれた言葉があるとは知らなかった。
昔は、子供部屋はお金持ちの家ぐらいで、
ちゃぶ台学習が当たり前だった。
昔の良さが見直されているのかな。

記事タイトルは、
子どもの才能を伸ばす「リビング学習」。
ちなみに、僕も僕の子ども達も「リビング学習」です。(笑い)
[PR]
by sato-sigenori | 2013-12-02 09:02 | 日々 | Comments(0)