ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

住宅の骨格10 「2011葉山の住宅」

a0122098_14381154.jpg












南面に道路を持つ30坪の敷地。
南面が開かれている土地は、設計が意外と難しい。
太陽の恵みがたっぷりとある。
その事だけを頼りにつくると建て売りみたいな家に・・・。
設計の仕方を忘れてしまうほど。

南面に道路を持つという事は、欲しくない条件も併せ持つ。
今回の場合は、電線。
電気や電話、そして複数のケーブルが、
2階の目の高さに、飛び込んで来る。
せっかく、葉山に住みたいと思い、
家づくりをしているのに、緑の山の前には、無数の電線だ。
山を楽しみながら、暮らしたい。
そんな思いをあきらめたくない。

西側の隣家の屋根の向こうに、照葉樹林の手つかずの山がある。
その山を頼りに、気持ちのベクトルを南から西に置き換えてみた。
クライアントの家づくりメモの中に、
1人でも、大勢でも楽しめる家という希望があった。
小さな居心地と大きな居心地に置き換えた。

小さな居心地は、段差や柱で小さな場所をつくり、
大きな居心地は、西の山へ向かう一枚天井で小さな場所をつなぎ、
一つ屋根の下としてつくった。

「住宅の骨格」を伝える方法として、模型をつくる。
今回の「葉山の住宅」の骨格模型をつくるのに手こずった。
考え方が、平面から断面に、立体的になって来ている。

2011 葉山の住宅
[PR]
by sato-sigenori | 2013-08-26 14:41 | 住宅の骨格 | Comments(0)

住宅デザイン学校の最終日は、講評会

a0122098_2043474.jpg












昨日は、2013・住宅デザイン学校基礎編の最終日。
最終日は、課題の講評会。

30人が、それぞれ5ヶ月かけた課題を、講評して行く。

建築とは、「何か」とつかみかけている人。
図面は書けるが、何か足りない人。
どこから初めていいのか、わからない人。
そこを見極めながら、アドバイスをする。
そして、生徒たちは、たくさんの時間と、たくさん頭を使って、
模型をつくって、最終日の講評会を迎える。

アドバイスした人のプランが、良くなっているととても嬉しい。

まず普通によいプランをつくってみてください。
そこが難しい・・・。(笑い)
その上で、自分でこんな事したい、してあげたいと
思った事をプランにぶつけてみてください。
小さなアイデアでもいいです。一つでいいです。
つまみ一つでも・・・。

次に会うときは、仕事の話を聞かせてください。
お疲れさまでした。


a0122098_21175222.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2013-08-23 21:23 | 住宅デザイン学校 | Comments(0)

沖縄、今年も、蝉の鳴き声が聞こえない

a0122098_109385.jpga0122098_10134020.jpg
a0122098_10143558.jpg















































今年の夏も里帰りで、オキナワへ。

今年も、蝉が鳴いていない。
ガーシガシと鳴いていたクマゼミたちは、いない。
幼虫期間に何かあったか。
それとも、クマゼミも暑過ぎて、
出るタイミングがわからなくなったのか。
本州に移動したのか。

オキナワに、
いつか、小屋をつくりたいと思っている。

そんな事を思いながら、今年のオキナワを過ごしてみた。

コンクリートの庇、コンクリートの手すりが、
信じられないくらい薄い事に気づいた。
その薄さと軽さ、簡素なつくりが、人間的な感じがする。
そこがいい。

ル・コルビュジエのラ・トゥーレット、
与那原・聖クララ教会も同じだ。

そんな事を少しずつ、自分の中に取り込んで、
オキナワの家づくりを考えたい。

a0122098_1022313.jpga0122098_1021691.jpga0122098_10201332.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2013-08-19 10:22 | 沖縄 | Comments(0)

住宅の骨格9「2010 清瀬の住宅」

a0122098_8361734.jpg





















清瀬の住宅は、旗棹の敷地に建つ。
周辺建物に四方を囲まれる敷地。
その上、南側は、アパートの外階段と解放廊下。
この状況、条件の中で、居心地を考える。

敷地に対して真北がわずかに角度を持っている。
周辺建物との距離、間を考え、抜けと懐をつくる。

外部環境を読み込み、建築となる骨格を探した。
敷地北側の棹部分の扱いも忘れずに考えたい。
なぜなら社会につながる部分だから・・・。

それぞれの計画に相応しい明快な構造形式を見つけたい。
そして構造が明確であるものを、建築と呼びたい。

2010 清瀬の住宅
[PR]
by sato-sigenori | 2013-08-09 08:39 | 住宅の骨格 | Comments(0)

準防火地域・金属サイディングの外壁を考える

a0122098_17363196.jpg













計画中の建物の外壁は、金属サイディングを予定している。
準防火地域に建つ建物の外壁は、防火構造となる。

メーカー仕様書と、自分のディテールとの調整が続く。
少しでも、無駄な線を無くしたい。
机の上で、答えを出さないと、現場で無惨な事になる。
新しい事をするときは、
慎重に、その作業をするしかない。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-08-04 17:47 | 日々 | Comments(0)