ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

神事

a0122098_15393712.jpg























建築工事の際、神事がある。
地鎮祭、上棟、完成。
その時に、必要な物として、酒。
施主、工務店、設計者は、それぞれ、酒を用意する。
その酒には、熨斗が付く。
面倒なので、印刷したものがよく使われている。
そんな事で良いのだろうかと、考えてしまった。
そして、折形デザイン研究所の西村さんに相談しようと。

そして一つの形を提案してもらった。
奉献で使う酒にまく熨斗は、
神事によく使われる「和紙」と「麻」で、つくられている。
一枚の手透きの和紙を丁寧に折り、
麻ひもは、解けぬように結び、端は上を向く。
そこには、神事として、たくさんの意味があるとの事。

結婚式の祝儀袋の水引も解けぬように結び、そして上を向く。

人へのプレゼントではない、
神様へ献上するもの、派手な装飾は無い。

上棟祝いは、地鎮祭とは、内容が違う。
だから、熨斗も違うらしい。
こんな小さな事だけど、
一つ一つ、自分達らしい形にしていきたい。

商品化して、一般に普及したいなぁ。(笑い)
[PR]
by sato-sigenori | 2013-04-29 16:11 | 建築 | Comments(0)

建築素材

a0122098_11575619.jpga0122098_11583240.jpg

























昨日の午後は、知人の個展を2つ、見学し、
その後、中村さんの個展のイベントに参加。

その移動途中で見つけたトタンの外壁。
何か、心惹かれる物がありました。
メンテナンスフリーの外壁をいつも考えていますが・・・。

このトタンの外壁は、
強さと弱さ、そして何より潔さを持っています。
建築材も生き物、そこには、時間がつくり出す表情がある。
そこに惹かれます。

いつも、矛盾している。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-04-24 12:11 | 建築 | Comments(0)

中村好文展「小屋においでよ !」が、始まりました

a0122098_13554578.jpg






















今日、17日から、
中村好文展「小屋においでよ !」が始まりました。

昨日は、業界関係の内覧会。
建築界、デザイン界の重鎮の顔もありました。

老若男女問わず、そして、建築関係以外の人達にも、
楽しんでもらえる展覧会です。
ぜひ、見に来てください。

中村好文展「小屋においでよ !」
[PR]
by sato-sigenori | 2013-04-17 14:10 | 日々 | Comments(0)

今月は、模型、模型、模型、模型

a0122098_20403244.jpg













今月、事務所で予定している模型の数は、4軒。
1人、2軒。
偶然、重なってしまったのだけど・・・。

僕の事務所は、1/100で、周辺環境をつくり、建物の検討を行う。
たくさんの模型をつくっては、いじる。
その上で、1/50の細かい模型をつくり、プレゼンの材料とする。
僕のプレゼンは、スケッチより模型で表現する。
その分、模型の精度が大切になる。

最近は、老眼という事もあり、模型の精度が落ちている。
小学生から、40年以上、
紙で模型をつくり続けているのだから、よくわかる。
つらい。

模型は、上手い方だと思う。
自分の為につくる、
切ったり貼ったりするスタディ模型は好きだけど、
プレゼン用の模型づくりは、正直、あまり好きでない。
つくりながら、いらいらしている。
なんでだろう。

僕は、模型屋でないのだから、まぁ、それで良いのだ。
本物の建物の為の作業だから、避けて通れないし・・・。


明後日、17日から、ギャラリー間・中村好文展。
僕の事務所でつくった建物でない模型(1/10)が展示される。
お楽しみに・・・。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-04-15 21:43 | 日々 | Comments(2)

今日、子供たちは、入学式

a0122098_14133545.jpg












今年、娘は高校へ、息子は中学へ進学。
共に公立とあって、今日が入学式。
僕が息子の、家内が娘の入学式へ。

昨日の夜、壁に掛けてある詰め襟の学生服を見るまでは、
成長を意識しなかったけれど、
学生服を見て、明日から、こんなの着るんだ、
「大きくなったぁ」としみじみ。

今朝、娘は制服のネクタイ結びで、てんやわんや。
息子は、制服の詰め襟の窮屈さにげんなり。
大人になるについれて、いろいろな縛りがでるんですなぁ・・・。
そして家内は、娘の弁当作りが始まるのだ。
僕は、懐が・・・。

詰め襟には、
最初からカラーみたいな白い物が縫い付けられている。
あのプラスチックの板は、もう無いのかな。
いろいろと楽しめたのに・・・。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-04-09 14:27 | 日々 | Comments(0)