ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

建築家のすまいぶり

a0122098_8563323.jpg













「建築家のすまいぶり」という本が、
今日から本屋さんに並びます。

僕の恩師、中村好文さんが、
建築家24人の自邸の「すまいぶり」を訪ね歩いたレポートです。

なぜ、建築家の自邸をテーマにしたのか・・・。
そこから、この本は始まります。

僕の自邸「府中の住宅」も取り上げて頂きました。
僕の記事だけ、通信簿のようなレポート。(笑)

建築家のすまいぶり
[PR]
by sato-sigenori | 2013-02-28 09:04 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(3)

平面に角度を付ける事 その5

a0122098_21592690.jpg

























今日は、「市川の住宅」のテーブル納品。
京都・宇納家具工房にお願いした
直径1300㎜、ナラ材で出来た一本足の丸テーブル。
宇納さん直々の納品。
僕は宇納さんが、北海道のアリスファーム出身と言う事を
今日、初めて知った。
シェーカーには、大きな丸テーブルが無いと思う・・・。
宇納さんの技術と材料の選定で組み立てられた
6人掛けの大きな丸テーブルは、この家族の生活の中心。
へ字型プランの中心、関節的な場所が、ダイニング。
テーブルは、丸型が相応しい。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-02-22 22:28 | 市川の住宅 | Comments(0)

鷹取山は、30年前と変わらない

a0122098_935244.jpg






















昨日は、新しい仕事で、横須賀・鷹取へ。
鷹取と言えば、鷹取山。
大学山岳部時代、
横浜の先輩・宮本さんに、
連れて行ってもらった岩登りのゲレンデ。
砂岩で固まった物なので、岩というよりは、砂の固まり。
鎌倉石も、同じ物だと思う。
岩をつかんで登ると言うよりは、
砂岩のグリップ、摩擦で登る感じ。
慣れない感覚で、ザイルはついているものの、結構怖い。

今は、公園となって岩登り禁止となっている。
しかし、看板には、しっかりしたリーダーの指導のもと、
登ってくださいと書いてある。
自己責任であれば、よいということか、よくわからない。
ブログを書きながら、手汗をかいている。
岩登りとは、そんなものである。
チョークがほしい。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-02-15 09:47 | 山岳部 | Comments(0)

たくさん、石がある 2

a0122098_14261524.jpg












鎌倉で進めていた計画も残す所、造園工事のみ。
その造園工事には、石と瓦工事も含まれる。
たくさんの石は、敷地にあった古い鎌倉石。
70本の鎌倉石と、1600枚の屋根古瓦と、
数日、格闘してもらう。

建物と土地、周辺環境と擦り合わせる工事が、造園工事。
その擦り合わせが大切。
建物がよくても、
造園工事、外構工事がよくないと、よい建物にはならない。
造園工事は、図面があっても無いような物。
延べ5日間の造園工事の内、4日間、べったりと立ち会う。

この計画が始まって、ほぼ2年。
最近の計画は、長いのが多いなぁ。

たくさん、石がある 1
[PR]
by sato-sigenori | 2013-02-11 14:54 | 建築 | Comments(0)

平面に角度を付ける事 その4 

a0122098_11271936.jpg






















平面に角度をつけた事で、
四角い土地、建物の外側にも、
複数の台形平面をもつ空間が生まれる。
小さいながらも広がりを持つ中庭、
車を停めやすい駐車スペース。

台形平面の入れ子空間が連続する。
それぞれの用途を持ちながらも、
次の空間へ気持ちはつながり、行動へ導く。
まだまだ、発見はありそう。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-02-02 11:50 | 市川の住宅 | Comments(0)