ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

巡業

a0122098_18245272.jpga0122098_1826257.jpg

























今週は、泊まりがけで、
高崎プロジェクトの造園工事と薪ストーブ設置工事の立ち会い。
そして、今日は、稲村ガ崎giogio factoryで、
来月、飛騨で始まる展覧会の準備。
そして、今、やっと、事務所に戻ってきました。

高崎プロジェクトも、これで工事も一段落。
住宅棟と美容室棟に挟まれた中庭には、
シンボルツリーは、6m超える桂の木。
ゆったりと燃えるストーブ。
思った以上の存在感に、みんなに喜んでもらいました。

今日は、giogioの伊藤さんと、一緒に展示物をダンボールで製作。
まるで学園祭のイベントのよう。
上手く出来てほっとしました。
飛騨・世界文化センターで、10月23日から始まります。
[PR]
by sato-sigenori | 2011-09-29 18:49 | 日々 | Comments(0)

日本建築構造技術者協会賞

僕の建築は、サポートしてくれる設計仲間の力から出来ています。
当然、構造設計もサポートしてもらっています。
そして、いつもお願いしている構造設計者の山田憲明さんが、
JSCA賞という大きな賞を頂いたと連絡が入りました。

「おめでとう」

僕は、まだ、小さな住宅しか、お願い出来ていませんが、
いつも、真摯にアドバイスをしてくれる。
最近は、10mの木造洋トラスの建物をお願いしました。

小さい建物ばかりですが、
建築の骨格となる構造を意識した仕事をしたいと思います。
山田さん、今後とも、よろしくお願いします。

JSCA賞
[PR]
by sato-sigenori | 2011-09-16 10:16 | 建築 | Comments(0)

故郷は、宮城県

a0122098_20434927.jpg












僕の両親の出身地は、宮城県本吉郡。
南三陸町と気仙沼の中間、町は海から約1km。
津波の高さは21m。
低い所は、津波に飲み込まれた。
父親の実家は、駅近く、トンネルの上にあったので、大丈夫。

身内の地震による被害は、
幸い、とても少なかった事は知っていたので、
少し落ち着いた9月に、行こうと話していた。
しかし、今回の里帰りは、地震とは関係なく、
親戚の葬儀ということで、急遽、昨日、故郷へ。
正直な所、40年ぶりの里帰り。
そんな僕に対して、優しく接してくれる。
こんな大変な時なのに・・・。
田舎は、強くて優しいと感じた。
東京には、そんな強さはないと思う。

今回の地震による建物の被害は少ない。
津波だという事がよくわかった。
建物をつくる僕たちは、
これからどんな事を考えて仕事をするのか。
よくわからない。
建築は何が出来るのだろう。



a0122098_20442228.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2011-09-08 21:16 | 日々 | Comments(0)

よい建築は、階段が納まっている。

a0122098_1081137.jpg





















昨日、MY HOME100選という本が届きました。
この本は「住まいの設計」という雑誌を合本化したMOOK本。
以前、掲載して頂いた「大磯の住宅」が再掲載しています。

全体を眺めていて気が付いた。
階段が納まっていない建物、
また、かっこよさ優先で、危険な手すりが多い。
写真を見ながら、ドキドキしたり、こんなの有り?
という感じでこの本をみていた。
建て主が、幸せ・・・。?
プロでも、勉強になる?楽しい本。
いろいろな見方がある。
でも、それを建築というのかな・・・。
家を建てる人は、どんな風に見るのかな。
[PR]
by sato-sigenori | 2011-09-02 10:28 | 日々 | Comments(0)