ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

竹尾ペーパーショウ2010の本が届きました

a0122098_1039329.jpg























竹尾ペーパーショウ2010「proto 紙のいきづかい」という本が、
手元に届きました。
今回のディレクターである山口信博さんに声をかけて頂き、
不織布でつくる小さな空間設計のお手伝いをしました。
とても楽しい体験でした。
そのお礼に本が届きました。
ありがとうございました。

今回のペーパーショウは、
竹尾さんの今までと違い、
立体的で体験的な空間になったと聞きます。
それが、「紙のいきづかい」ということでしょうか。
山口さんの紙への愛情が伝わる、とても良い本です。


a0122098_10411063.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2010-12-31 11:04 | 日々 | Comments(0)

銀河系の外に、行ってきました

a0122098_10522215.jpg






















昨日、クリスマスプレゼントのつもりで、
息子の環と銀河系の外に、ちょっと行ってきました。
と言っても、国立天文台の4Dシアターでの事。
試験的に4Dで定期的に試写会があります。
地球の誕生から、今の知る限りの星を再現して、
立体的に見せてくれます。
それも、最新型の4Dで・・・。

太陽の廻りを廻る惑星は、すべて同じ平面で廻っている。
いつかは、金星が地球にぶつかるそうです。
でも、その前に太陽が死んでしまうそう・・・。
50億年先の話・・・。

それにしても、地球は小さい。

国立天文台4Dシアター


夕方は、陶芸教室の忘年会。
今年は、忙しくて、後半、休んでしまった。
近くで現場はあるけれど・・・。
この陶芸教室の生徒は、とてもエネルギッシュ(笑)。
このパワーをもらって、来年も頑張ろう。

新年早々、この陶芸教室付きの住宅、
コンフォルトの取材が待っている。
お楽しみに・・・。

a0122098_10532088.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2010-12-26 11:11 | 日々 | Comments(0)

建築知識学校・伊礼クラス最終回

a0122098_11341820.jpg












昨日は、建築知識学校・伊礼クラス最終回。
講義初回に出した課題の最終提出。
受講生も頑張って、模型まで仕上げてくれました。
持ち時間、5分のプレゼンティーション。
最初に考えたコンセプトから、講義を受けながら、
少しずつ進化しているのがよくわかます。
最優秀賞は、伊礼さんと僕が、お願いするならば、
この案と言う事で選びました。
コンセプトと設計のバランスが取れている優れた案でした。
建築学生では、派手さのないプランですが、
プロ養成の建築知識学校の主旨を考えるとその案が、一番でした。

その後は、もちろん打ち上げとなります。
皆さん、ほっとしたのか、会話が弾みます。
たまには、講師もいいかなと思った「良い日」でした。

建築知識学校ブログ
[PR]
by sato-sigenori | 2010-12-23 11:49 | 建築知識学校 | Comments(5)

建築知識学校・伊礼クラス6回目

a0122098_13554384.jpg












昨日は、建築知識学校・伊礼クラス6回目。
前半は、新聞紙を利用した断熱材・セルローズファイバーで、
活躍の「株式会社マツナガ」さんの講義。
温熱環境から新聞紙の断熱材まで、わかりやすく説明してもらう。
改めて、断熱材の重要性を実感した。

僕の現場も、ものすごく暑かった今年の夏に一軒、
マツナガさんのセルローズファイバーで工事をしてもらった。
その効果は、工事をしている職人さんからも、絶賛された。
予算を計画的に考えて、これからもお願いしたいと思う。

後半は、伊礼さんの開口部についての講義。
伊礼さんの話を聞いていると、
難しい木建ても、簡単に思えて、楽しそう。
それでも、時々、「自己責任でやってくださいと・・・。」(笑)
やっぱり、木建ては、難しいのだ。

来週は、伊礼クラス最終日、そして課題提出、最終講評。
受講生の皆さん、頑張ってください。
伊礼賞の副賞はなにかな・・・。

株式会社 マツナガ
建築知識学校ブログ
[PR]
by sato-sigenori | 2010-12-16 14:24 | 建築知識学校 | Comments(0)

建築知識学校・伊礼クラス5回目

a0122098_1154143.jpg






















昨日は、建築知識学校・伊礼クラス5回目。
伊礼さんは、台湾出張?のため、欠席。
前半は、和歌山で山を育て、
建築資材を現場まで届ける「山長商店」さんの講義。
徹底した監理のもとに、上質の材料を提供する。
一本一本、材料データーをチェックして、監理、出荷する。
桧や米松の強度を超える杉材もある。
梁も、杉で対応出来るのだ。
そんな楽しい講義を聞きながら、
自分の木材に対する知識の無さを思う。

後半は、助っ人に、友人で、建築家の増岡徹さんに迎え、
課題の講評会。
落ち着いたコメントに、彼の誠実で丁寧な仕事を感じる。
増岡さん、忙しい所、ありがとう。

 増岡さんのブログ
[PR]
by sato-sigenori | 2010-12-09 11:29 | 建築知識学校 | Comments(0)

土地のベクトルで、建物をつくる 1

a0122098_1542155.jpg






















昨日、葉山の住宅の上棟式。
建物が山に向かってスキップするプラン。
クライアントのある一言がきっかけで、プランが出来上がった。
その言葉から、山に向かうベクトルが生まれた。

先日の建築知識学校の作品解説の時に、
伊礼さんから、ベクトルという言葉をもらった。
僕の建物は、ベクトルで、出来ているみたいだ。
[PR]
by sato-sigenori | 2010-12-05 15:56 | 葉山の住宅 | Comments(0)

建築知識学校・伊礼クラス4回目

a0122098_2065632.jpg













昨日は、伊礼クラス4回目。
前半は、関西を中心に活躍する造園家・萩野寿也さんの講義。
建築家は、植栽に対する知識をもっと持つべき。
計画の初期の段階から、植栽計画を考える事が必要である。
そして、予算をしっかり確保する事。
耳に痛い話が続く。

後半は、課題の講評を行う。
少しずつ、方向が見えてきているよう。
来週は、具体的なプランが出て来ると思う。
来週のゲスト講師も、友人にお願いしたら、快諾してもらえたし、
楽しみが増えた。

建築知識学校ブログ
[PR]
by sato-sigenori | 2010-12-02 20:20 | 建築知識学校 | Comments(2)