ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

家具?

a0122098_21123782.jpg





















今日は、稲村ケ崎のgiogio factoryへ、
家具の納品と外壁サインの取り付け。
ベンチが欲しいという事から、始まった新しい家具。
並べ方次第で、ベンチになったり、棚になったり、
小さな建築になったりする。

3年前から取り組んでいたけど、なかなか出来ないでいた。
最終的な形は、伊藤さんの意外なアイデアから・・・。

giogioに行くと見る事が出来ます。

a0122098_21263314.jpga0122098_21265451.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2009-11-26 21:30 | 小さい建築 | Comments(2)

新しい建築をめざして

a0122098_13275984.jpg





















いつも、新しい建築をつくりたいと考えている。
決して、奇抜な空間、手品のようなカラクリ、奇妙な形ではない。
頼まれても、僕には出来ない。(笑い)

今、考えているのは
リビング・ダイニング・キッチン、いわゆるLDK。
しかし、その室名から、居心地につながるイメージは浮かばない。
LDKの中に、新しい場所をつくり、
血の通った、生き生きとしたLDKをつくりたい。
それが、僕の新しい建築。

その場所をなんと呼んでいいのか、わからない。
空間の名称は、LDKでなく「家族の場所」。

a0122098_1521660.jpg

[PR]
by sato-sigenori | 2009-11-25 13:53 | 建築 | Comments(0)

大谷石

a0122098_13361736.jpg





















新しい仕事では、大谷石を使った建築を考えたいという。
毎日、大谷石のことを考えている。
[PR]
by sato-sigenori | 2009-11-20 13:45 | Comments(0)

菊練り・初日

a0122098_19341152.jpga0122098_19343510.jpg

























今日の午前、陶芸教室にいく。
通い始めて、8ヶ月。
関先生から、「轆轤(ろくろ)やる?」と許しが出た。
まずは、菊練りから・・・。
上の写真は、僕の菊練り。
下の写真は、先生の菊練り。
腕も腰もパンパン・・・。
土と自分の間にある違和感を感じつつも、
格闘していると、あることをきっかけに、
土が近づいて来ているように思った。(笑)
当分、菊練りの練習が続くのだろう。

そのパンパンの体で、午後、
プレゼンテーションのために、お花茶屋へ。
練り上げたプラン、喜んでもらえたようだ。
若い夫婦のための住宅は、創造的な余白を持つ楽しいプラン。
[PR]
by sato-sigenori | 2009-11-14 19:57 | 陶芸教室 | Comments(2)

寂しい

a0122098_1831290.jpg





















子供室のベッドの図面を書き、見積もりが出て来た。
家具をつくってもらっている菱彩の伊藤さんに、
「いつ頃から、つくれますか」と確認した所、
「今月末からでも、つくれますよ」との事。
ある事に気づき、すごく寂しくなった。

今、家族4人、一つの部屋に3枚の布団を敷き、
川の字で、寝ている。
子供室のベッドが出来あがってしまうと・・・。
もう、こんなに楽しい事は、一生、なくなるんだ。

一ヶ月後には、別々に寝るのか・・・。
ねえねえは小学6年生、弟は小学3年生・・・。
[PR]
by sato-sigenori | 2009-11-11 18:53 | 日々 | Comments(0)

gift

a0122098_85812100.jpga0122098_8442774.jpg


































週末、青森県へ。
十和田市現代美術館で、折形デザイン研究所の展覧会、
「新包結図説・展」が、11/7から始まりました。
せっかくなので、オープニングに・・・。
会場構成は小泉誠さん、すっきりと納めながらも、
建物の構成を読み取り、楽しい仕掛けがありました。
楽しい仕掛けを体験しに、青森へ行きましょう。

トークショーでは、山口信博さん(折形デザイン研究所)と
石倉敏明さん(多摩美術大学芸術人類学研究所)の対談。

「gift」という言葉が、心に残る。
giftには、贈り物、贈与という意味もありますが、
特別な能力、才能という意味もあるとのこと。
例えば、「だれだれは、絵のギフトがある」
という使い方。

僕の仕事も、「gift」と考えたい。
そして、たくさんの人に喜んでもらいたい。

担当した「折り畳める文机」も展示されている。
とてもうれしい。
これも、「gift」だと思う。

a0122098_8463545.jpg













次の日、足をのばして、三内丸山遺跡に・・・。a0122098_8501878.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2009-11-09 08:54 | 建築 | Comments(0)

時間

a0122098_1341448.jpg












昨日、静岡へ。
2月に、引き渡しした住宅、
5月に、3人目のお子さんが生まれた。
お祝いと、
ハイハイ前に、危険な階段廻りの対策について、
打ち合わせ。

この住宅は、建物の完成が、建築の完成と考えていない。
生活がつくりだす家づくりが、この建物の主題。
建物と時間がつくる「生きた建築」をつくりたい。
毎日が完成であって、完成でない。
最近の建物は、なぜか時間に対する意識を感じない。
完成を急いでいるように思う。車のように。
建物の完成 ?
人の完成なんて、あるのかな・・・。

しかし、いつまでも待てないので、
引き渡しをして一年経つ、
来年、新緑のときに撮影をしたいと思っている。(笑)
[PR]
by sato-sigenori | 2009-11-04 14:05 | 建築 | Comments(0)

始まる。

a0122098_14522765.jpg





















週末、逗子から、始まる。
土地もほぼ決まり、計画がスタートする。
2月から始まった土地探し、
ほぼ希望の土地を手に入れる事が出来た。
粘ったぶん、土地について、クライアントも僕も予習が出来て、
最後の決断は、早かったと思う。
敷地に向かう途中、建築ディレクターの真壁智治さんとばったり。
今回の敷地の近くに住んでいるとの事。
根本きこさんのお店で、打ち合わせを兼ねたお昼ご飯。
おいしいハヤシライスでした。ごちそうさま。

その足で、稲村が崎のgiogio factoryへ向かう。
目的は、家具の打ち合わせ。
新しい家具は、
棚であり、ベンチであり、彫刻であり、建築のようなもの。
この計画も、3年以上も前から、伊藤正道さんと考えていた・・・。
伊藤さんの面白いアイデアがヒントになっている。
原寸模型で確認しながら、2人で面白いねー、これで行こうと。

日曜日は、新宿OZONE。
先日提出した住宅設計の指名コンペ
僕の案が採用される事になり、
その契約にむけての打ち合わせ。

始まる。
[PR]
by sato-sigenori | 2009-11-02 15:18 | 日々 | Comments(0)