ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

カテゴリ:八ヶ岳高原( 9 )

八ヶ岳高原・上棟

a0122098_22152034.jpg

八ヶ岳高原の小さな山荘は、
プレカット部材に手刻みを合わせた仕事。

綺麗に上棟した。
大工さんの仕事を、建物の中に見える形で残したいと
独立した時から、考えている。

手の仕事で包まれた空間が、居心地をつくる。
大工さんの名前を早く覚えよう。
[PR]
by sato-sigenori | 2017-09-28 17:07 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)

八ヶ岳高原・敷地に居心地の水平線

a0122098_22113861.jpg

建物の基礎が完成した。
緩い斜面に水平線。
ここが、床の基準となる。

敷地のもつ緩い勾配と、道路などの周辺条件、
居心地を考えながら、丁寧に床の高さを検討した。

ほっとした。
大地に線を引く、贅沢な仕事だ。
a0122098_22175523.jpg

[PR]
by sato-sigenori | 2017-09-15 22:19 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)

八ヶ岳高原・基礎工事

a0122098_833472.jpg

基礎工事が進む。
緩い斜面に、ボックス型の基礎。
凍結深度による深基礎と、斜面から生まれた高基礎。
基礎の仕切りは、床暖房でなく、床下暖房のピット。
水周りエリアは、配管凍結防止のため、冬季は通しでゆるく暖房。
その他のエリアは、利用時のみの暖房という理由から、
エリアごと、基礎壁によって、仕切られている。
それが、不思議な基礎に見える理由。

このような仕事をさせてもらっていることに感謝。

温熱環境設計は、 システムクリエイト。

a0122098_8393879.jpg

[PR]
by sato-sigenori | 2017-09-01 08:39 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)

八ヶ岳高原・工事が始まる。

a0122098_14155268.jpg


八ヶ岳高原・工事が始まる。
敷地は、東にゆるく下がる斜面。
一階床の設定が難しい。
現場周辺を歩き、設計と照らし合わせながら確認していく。

今日、東京の最高気温は、33度。
八ヶ岳高原・標高1400mは、21度。
避暑という言葉がよくわかる。
去年の同じ時期、沖縄の現場で家具取り付け立会い。
熱中症になりかけたと思うと・・・涼しい。
[PR]
by sato-sigenori | 2017-07-14 14:11 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)

ルーティーン・八ヶ岳高原・軸組模型

a0122098_1164490.jpg

ルーティーンとなっている軸組模型制作。
屋根伏せは、平屋ということもあり、シンプルですが、
凍結震度による深基礎、基礎スラブ暖房などあり、
基礎工事にディテールが満載。
今週は、コツコツと、基礎伏せ詳細図を書こう。

構造設計 山田憲明構造設計事務所
[PR]
by sato-sigenori | 2017-06-19 15:01 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)

配置計画

a0122098_937412.jpg

山を登っていた時代、
冬山での低気圧接近による避難は、別として・・・
山小屋に泊まったことは無い。
つまりテント生活。
さて、どこにテントを張るか・・・。

どの斜面に張るか。
風や雪でつぶされないか。
トイレの場所は安全に行けるか。
テントから出ずに、外のものが取り出せるか。
水を作る雪場はあるか。
何より、安全な場所か。
そして、見晴らしは、良いか。

居心地の良い場所を探すセンスが、必要だ。
いつも、仲間ともめた。

大袈裟だけど、時には、生死にも関わる。
造成された敷地での建物の配置は、
理屈的に考えることで、ほぼ決まる。

昨日は、八ヶ岳高原計画、配置の立会い。
自然に帰ろう。
[PR]
by sato-sigenori | 2017-04-09 09:38 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)

小屋組みと天井伏せ

a0122098_21424021.jpg


プランは決まった。
この建物にふさわしい小屋伏せは・・・。
平屋なので、天井伏せでもあり、屋根納まりでもある。
何よりも、構造として・・・。

この家の全てかもしれない。

答えは、見つかるのだろうか。
答えは、僕の中にあると思いたい。

これは、僕だけに与えられた作業だ。

[PR]
by sato-sigenori | 2017-03-07 21:49 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)

八ヶ岳高原・雪の状態確認

a0122098_1084530.jpg

八ヶ岳高原の山荘計画は、実施設計中。
この時期の雪の状態を見に、現地へ。
屋根勾配が今回のポイント。
建物の位置、積雪量と雪の処理など、想像しながら、現場を歩く。
まだまだ、雪は降ると思うけれど・・・。
a0122098_10151139.jpg


付録・八ヶ岳高原音楽堂・設計 吉村順三氏
a0122098_10214273.jpg

a0122098_10164047.jpg

[PR]
by sato-sigenori | 2017-02-17 10:18 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)

新しい仕事は、標高1400m

a0122098_15453246.jpg





















沖縄の仕事が終わる事を、
待っていたかのように来た新しい仕事は、八ヶ岳高原。
標高1400m、年間積雪1m、凍結深度1mの別荘計画。
僕の中では、夏と冬、真逆の計画。
切り替えていこう。
この場所で暮らすことだけ、考えよう。
同じ時期でなくてよかった。

東に下る緩い斜面地。
さあ、始めよう。
[PR]
by sato-sigenori | 2016-11-03 15:55 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)