ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

カテゴリ:のしお一丁目保育園( 16 )

のしお一丁目保育園

社会福祉法人のゆり会・のしお一丁目保育園

東京都清瀬市に建つ定員80人の認可保育園。
保育園という建築を、
優しいディテールを積み重ねた空間と考えた。

用途・認可保育園・定員80人
敷地面積・863.68㎡(261坪)
延床面積・730.41㎡(220坪)
構造・鉄骨造2階建て
竣工・2015年3月
設計・佐藤重徳建築設計事務所(担当・佐藤重徳・山田智也)
写真・村角創一

a0122098_164442.jpg

a0122098_1661298.jpg

a0122098_167127.jpg

a0122098_1682384.jpg

a0122098_169993.jpg

a0122098_16424999.jpg

a0122098_1695856.jpg

a0122098_16115682.jpg

a0122098_16125525.jpg

a0122098_16133553.jpg

a0122098_1615635.jpg

a0122098_1616022.jpg

a0122098_16164695.jpg

a0122098_16173659.jpg

a0122098_16182797.jpg

a0122098_16191536.jpg

a0122098_16195993.jpg

a0122098_1621815.jpg

a0122098_16222886.jpg

[PR]
by sato-sigenori | 2016-11-09 16:24 | のしお一丁目保育園 | Comments(0)

つつましい心使いというデザイン

a0122098_2102444.jpg





















NHKの朝の連続ドラマ・とと姉ちゃんを見ていて、
「つつましい心使い」というセリフが心に響いた。

1年前に完成した保育園。
新緑の頃が良いと思い、撮影をお願いした。
出来上がった写真を見ながら、
この保育園の設計で何をしたかったか、改めて考えた。
奇抜なプランでもないし、ダイナミックな空間も無い。
どちらかと言えば、普通。

保育園という施設を意識しながら、
普通、その先のデザインを積み重ねた。
工事完成ギリギリまで、たくさんのディテールを考えた。
このような施設に小慣れた建設会社との厳しいやり取りのなかで、

保育園建築は、思いやりのようなデザインが大切だと思う。
「つつましい心使い」というセリフ・・・・とつながった。

保育園建築と幼稚園建築は違う。
生まれたての赤ちゃんからいるのだから・・・。
[PR]
by sato-sigenori | 2016-06-05 21:44 | のしお一丁目保育園 | Comments(0)

保育園は、1年検査

a0122098_1450460.jpg






















のしお一丁目保育園の一年検査。
1年前のこの時期、シックハウスの検査の準備で、大変だったなぁ。
清瀬市のシックハウス検査は、
ホルムアルデヒドとアセドアルデヒドが対象。
他の行政地区と比べ、厳しい。
そんなこともあって、
昨年1月は毎日のように、
担当の山田くんは、保育園の現場に行くことに。

一年検査は、建具の細かい調整程度の修理で済みそうである。

保育園という建築の役割は、
ここで過ごした時間が、良い思い出の一部になればと思う。
[PR]
by sato-sigenori | 2016-01-22 16:58 | のしお一丁目保育園 | Comments(0)

サイン計画

a0122098_9284335.jpg













保育園のサイン計画は、手づくり。
優しいディテールは、サイン計画も一緒。
沢山の思いを、子供たちに伝えたい。
4月1日、新しい保育園が、始まる。
開園、おめでとう。

表札の文字は、保育園側からの依頼で、
僕の奥様・佐藤志乃。
本人は、なんでわたしかな~と、笑っている。

室名札の刺繍、各室の子供たち連絡ポケットは、
主任先生の力作。

a0122098_15125382.jpga0122098_1595227.jpga0122098_1563929.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2015-03-29 09:30 | のしお一丁目保育園 | Comments(0)

保育園は、甘い空間

a0122098_19584374.jpg

























昨日は、内々の見学会。
保育園をつくるには、沢山の情報、約束事がある。
そんな説明をしながら、
どこか、上手く言えていない事に気付いた。

結局、何をつくりたかったのだろうか。
朝から、そんな事を考えていた。

子供たちが過ごす空間は、優しい空間と思い、
優しいディテールを沢山考え、つくり続けた。
優しいディテールを重ねていくと、優しい空間というより、
甘い空間?になると感じ初めている。

その「甘い空間」をつくるために・・・。
甘い空間って、新しい言葉だな・・・。
もっと上手い表現はあるのだろうか。

つまり、
甘い空間は、桜色した杉板、手づくりの子ども椅子、テーブル、
そして沢山の優しいディテールから出来ている。
急いで、まとめる必要は無いか。(笑)

photo 村角創一
[PR]
by sato-sigenori | 2015-03-01 20:15 | のしお一丁目保育園 | Comments(0)

保育園、今日は内部撮影

a0122098_21401728.jpg













東京都子育て支援課の検査も無事におわった。
今日は、開所準備前に、内部撮影。
建物の建築を写真の中に納めてもらう。

たくさんある事が、楽しいと改めて思った。
だって、80人分あるのだから・・・。
[PR]
by sato-sigenori | 2015-02-20 21:12 | のしお一丁目保育園 | Comments(0)

保育園は、角が怖い

a0122098_10254076.jpg













建物には、沢山の角、ツノでなくカドがある。
保育園などの幼児施設は、その部分の気配りが必要。
建築の壁は、杉板で丸面をディテール的につくり込んだが、
パネルなどの工業品は、家具的に付け加える事で解決を考えた。
この小さな積み重ねが、空間の性格に繋がると思う。

a0122098_2145675.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2015-02-15 10:27 | のしお一丁目保育園 | Comments(0)

子ども椅子が、やって来た。

a0122098_16584662.jpg






















日曜日は、子ども椅子、子どもテーブルの納品。
この保育園のためにデザインし、つくってもらった家具達。
94脚の子ども椅子、26台の子どもテーブル。
椅子を見ていると、まるで、子供たちがいるよう。
保育園をつくっていると実感、自然に、顔がほころぶ。

完成も近い。

たくさんの椅子を見ていると川俣正を思いだした。
[PR]
by sato-sigenori | 2015-01-21 17:02 | のしお一丁目保育園 | Comments(0)

書き納め

a0122098_18133680.jpg












年の瀬、大掃除の合間を見つけて、
保育園の表札づくり。

文字さえあれば、レーザーで、
金属を切り抜き、製作が可能。

沢山の下書きを重ねて、
これというものを書き上げてもらった。

保育園からのリクエストで、
前回に引き続き、書き手は、うちの奥様。

パソコンで、加工して、材料をつくろう。
色は、何色にしよう。

a0122098_1814513.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2014-12-31 21:55 | のしお一丁目保育園 | Comments(0)

保育園の内部空間

a0122098_8473672.jpg






















施設として必要な空間(大人空間)に、
高さをおさえた空間(子供空間)をつくる事が、
保育園にふさわしいと信じてつくった。

今日、建築の引き渡し。
[PR]
by sato-sigenori | 2014-12-26 08:49 | のしお一丁目保育園 | Comments(0)