ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

カテゴリ:府中の住宅・すまいぶり( 39 )

2017 鳥の巣箱、間に合うかな

a0122098_1528563.jpg


明日は、清瀬の住宅Ⅱの上棟。
たくさんの枠図を書かないといけない時。
そんな忙しい合間、鳥の巣作りの季節を思う。

間に合うかどうかわからないけれど、一念発起。
巣箱は、入り口の穴径が大切。
シジュウカラやメジロは、30mm径ぐらい。
結構小さい・・・。
少しでも大きいとあのヒヨドリたちが・・・。
屋根も大切、止水板の樹脂波板。
波板なので、通気ができる。

a0122098_18261821.jpg

[PR]
by sato-sigenori | 2017-03-31 15:35 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

枕木敷きから、ピンコロ石敷き

a0122098_1014827.jpg


昨年11月、「府中の住宅」のエントランスポーチの床を
枕木敷きから、ピンコロ石敷きに取り替えました。
少し勾配のある場所に、びっしり枕木を敷いたこと、
防腐剤を使わなかったこと、その他のこともあり、
7年目で、腐りが出て、
表面に苔が生え、滑るようになり、転ぶことも・・・。
ということで、憧れのピンコロ敷きに。
初めてのこともあり、工事の5日間、ほとんど立会い、
最後は、石敷きに参加。
車のすり寄せのなだらかな曲線もうまくできたと思います。

デコボコしている分、
落ち葉掃除、除雪作業は、大変そうですが・・・。
やって初めて気づくこともあります。
[PR]
by sato-sigenori | 2017-01-18 10:33 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

2016 煙突掃除

a0122098_1619117.jpg





















秋雨もぼちぼち、終わりだろうか。
そんな天気の晴れ間をつかって、薪ストーブの煙突掃除。
今年の煤が、飯茶碗1杯という感じ。
去年の煤は、どんぶり2杯分だった。
針葉樹や、フローリングを燃やしたのがよくなかったのか・・・。
今年もしっかり活躍してもらおう。
新しい計画で、八ヶ岳高原もあるし・・・。
どんなストーブにしようか・・・。
a0122098_16202267.jpg
a0122098_16210100.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2016-10-14 16:22 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

2015・薪ストーブシーズン始まりは、冷えが今ひとつ

a0122098_135260.jpg












毎年、12月1日から、薪ストーブを使い始める。
今年の12月1日は、暖かい。
無駄に、焚く必要はない。
これが温暖化なのか。

子供の頃は、もっと寒かった気がする。
[PR]
by sato-sigenori | 2015-12-05 13:07 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

2015 煙突掃除

10/12、去年も同じ日に、煙突掃除。
今年は、煤が多いような気がする。
針葉樹を少し多く燃やしたからだろうか。
この冬も活躍してもらうのでよろしく。
耐熱ガラスもクリーナーでスッキリ。

来年に向けて、新作の薪ストーブを検討中。

a0122098_18192516.jpg
a0122098_18195370.jpg
a0122098_18201858.jpg
a0122098_18204285.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2015-10-12 18:21 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

2015年の鳥の巣は、陽当たりがいい 

a0122098_2111296.jpg













年の瀬、大掃除の時に、
以前つくった鳥の巣を見つけた。
せっかくなので、数年ぶりに、
我が家のシンボルツリー、
シマトネリコに取り付けた。

メジロか、シジュウカラの新居・・・。
穴径が大事。
大きいとうるさいヒヨドリが棲むことになる。
春が楽しみ。
[PR]
by sato-sigenori | 2015-01-04 21:11 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

ドイツの建築誌 homifyに掲載されました

ドイツの建築誌・homifyに掲載されました。
この本は、日本向けに新しく、
homify japanというマガジンを立ち上げました。
homifyは、WEBマガジン。
時代ですね。

記事は、
繋がりを持つ家「府中の住宅」というタイトル。

表紙にある「府中の住宅」をクリックすると、
主な記事が載っています。

その下にあるアイデアブック・プロフェッショナル達、
Sigenori Sato・SATO SIGENORI ARCHITECTSを
クリックすると、
たくさんの写真が見る事が出来ます。

homify japan
[PR]
by sato-sigenori | 2014-12-11 10:54 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

2014 薪ストーブの季節は、近い

a0122098_9152414.jpg






















もう2ヶ月もすると、薪ストーブの季節。
台風の来る前に、煙突掃除。

煙突掃除のポイントは、準備。
ストーブの内側に入っている
バーミュキュライトのプレートを丁寧にはずす事。
煤が、飛び散らないように養生をする事。
この事を守れば、安心して、掃除が出来る。
汚れても良い掃除機があるとよりいい。

煤の量は、ご飯茶碗、一杯くらい。
去年より少ないと思う。
少し嬉しい。
憩暖さん、いかがでしょうか。

煤がついた煙突は、煙道火災を起こすので、掃除が大切です。
ストーブの使い方、煙突の形状、設置環境で、
煤の着き方が違います。
設置してもらったストーブ会社と、連絡を取りながら、
適切な周期で、煙突掃除をしましょう。

a0122098_9173715.jpg
a0122098_9192995.jpg
a0122098_9193433.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2014-10-14 09:21 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(2)

府中の住宅 まだまだ進化します

a0122098_9213732.jpg






















府中の住宅は、まだまだ進化する。
2階、北側のテラス扉は、
この家のテーマとなる大切なパーツ。
風、光、人の動線、すべてが、この北側の扉に向かう。
生活の中で、常にその存在を感じる。
今回、その扉に、8年を経て、やっと網戸を取り付けた。

家族は、
この扉を開けると風の抜けが良い事はわかるが、虫が・・・。
夏の暑さは、年々、厳しくなって来ている。
8年前、上手く納まる網戸が無かった。
プリーツ網戸が、嫌だったと思う。
開けるなら、網戸を付けてよと・・・。
重い腰を上げ、分厚いサッシカタログと格闘。
横引きロール網戸を発見。
今の状況にも、上手く納まりそう・・・。
来年の夏は、大活躍する事だろう。
めでたし、めでたし。

神谷宏治さんが亡くなった。
丹下健三・国立代々木競技場の設計チーフ。
86歳。
お疲れさまでした。
僕は、丹下さんの孫弟子。
[PR]
by sato-sigenori | 2014-10-06 09:22 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)

2013 薪ストーブの季節がやって来た

a0122098_15394226.jpga0122098_15404321.jpg


























薪ストーブの季節がやって来た。

初日の薪は、夏、庭の剪定で切り落とした枝。
自分の家で育った樹木にも、出来る限りの事をしてあげたい。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-12-04 15:44 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)