ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

カテゴリ:市川の住宅( 7 )

平面に角度をを付ける事 その6

a0122098_14214273.jpg












先日、完成祝いをして頂きました。
建物を引き渡して、約半年。
緑が落ち着いた時にという事で、この時期になりました。
美味しいお料理と、たくさんのお酒、
そして家族以外の近所の子供たちも我が物顔で迎えてくれました。

親世帯と子世帯を平面的にL字で繋げず、への字で繋いだ。
近からず、遠からずという感じ。
建物の内にも、外にもたくさんの台形が生まれた。
その台形が連続する。
台形が持つ広がりと、楽しさがこの家の特徴。
そんな、楽しさに惹かれて、近所の子供たちが遊びに来る。
想像以上の建築力である。

a0122098_1440878.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2013-07-22 14:40 | 市川の住宅 | Comments(0)

平面に角度を付ける事 その5

a0122098_21592690.jpg

























今日は、「市川の住宅」のテーブル納品。
京都・宇納家具工房にお願いした
直径1300㎜、ナラ材で出来た一本足の丸テーブル。
宇納さん直々の納品。
僕は宇納さんが、北海道のアリスファーム出身と言う事を
今日、初めて知った。
シェーカーには、大きな丸テーブルが無いと思う・・・。
宇納さんの技術と材料の選定で組み立てられた
6人掛けの大きな丸テーブルは、この家族の生活の中心。
へ字型プランの中心、関節的な場所が、ダイニング。
テーブルは、丸型が相応しい。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-02-22 22:28 | 市川の住宅 | Comments(0)

平面に角度を付ける事 その4 

a0122098_11271936.jpg






















平面に角度をつけた事で、
四角い土地、建物の外側にも、
複数の台形平面をもつ空間が生まれる。
小さいながらも広がりを持つ中庭、
車を停めやすい駐車スペース。

台形平面の入れ子空間が連続する。
それぞれの用途を持ちながらも、
次の空間へ気持ちはつながり、行動へ導く。
まだまだ、発見はありそう。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-02-02 11:50 | 市川の住宅 | Comments(0)

大黒柱

a0122098_9523739.jpg






















この住宅は、切り妻屋根で、への字型プラン。
ふたつの棟を結び、支えている柱。
2階の床から約4mの高さを持つ。
平面の角度、屋根勾配はそれぞれ違う。
すべてをこの一本の柱が受け持つ。
斜めに走る隅梁を支える事から、
平面の中にあって唯一斜めに構えることになった。

今時の親父のような、
たくさんの事を受け持ち、頑張っているような、
愛すべき大黒柱である。

この家の事、よろしく。
もうすぐ引き渡し。
a0122098_11171885.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2013-01-26 10:20 | 市川の住宅 | Comments(0)

平面に角度を付ける事 その3

a0122098_10512068.jpg












ひと月もすると、冬至。
太陽の恵みをどれだけ建物に入れられるか。
敷地は四角い。
敷地に対して、真南は斜めの角度。
少しでも長い時間、深く陽を入れたい。
建物の平面にも、太陽にあわせて、角度を付けた。
その積極的な形と気持ちが、建物の中にも生まれる。
元気な家族には、よく似合う。
[PR]
by sato-sigenori | 2012-11-28 11:05 | 市川の住宅 | Comments(0)

平面に角度を付ける事 その2

a0122098_10381885.jpga0122098_10373132.jpg












































平面が、への字になると、壁が消えるのです。
わかりますか。
外に対して、広がりが生まれます。
そんな発見が楽しい。
[PR]
by sato-sigenori | 2012-09-22 10:46 | 市川の住宅 | Comments(0)

平面に角度を付ける事 その1

a0122098_11125167.jpga0122098_1112124.jpga0122098_11112772.jpg







































先週、市川の住宅が上棟。
この住宅の平面は、庭を囲むようなへの字型の住宅。
L字型でなく、への字型。
直角で無いという事。
庭に開き、道路(街)に開く平面。

その為の大工さんの仕事は、計り知れない。
プレカット(工場加工)では、平面的、二次元的な所は出来るが、
屋根に関わる小屋組、三次元は、現場で大工さんの手仕事となる。

その苦労は、家の居心地につながる。
大工さんの汗は、無駄にしたくない。
[PR]
by sato-sigenori | 2012-09-17 11:29 | 市川の住宅 | Comments(0)