ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

カテゴリ:住宅デザイン学校( 17 )

2015 住宅デザイン学校 基本編第2回・ゲスト講師

a0122098_1831929.jpg
a0122098_1835672.jpg

























今年も、住宅デザイン学校のゲスト講師に呼ばれました。
伊礼校長が出張で留守。
寺林省二君と僕のダブルゲスト。
20年になる友人から、真面目に建築の話が聞ける。
僕が一番楽しそう。

講義風景は、住宅デザイン学校のface bookを覗いてください。
[PR]
by sato-sigenori | 2015-05-09 18:12 | 住宅デザイン学校 | Comments(2)

住宅デザイン学校2015/4/30は、ダブルゲスト

a0122098_16404059.jpg






















4/30、住宅デザイン学校は、伊礼校長が留守という事で、
ゲスト講師は、僕と寺林省二くんの二人。

寺林くんは、雑誌「住む」に、
たびたび登場するほどの仕事ぷり。

今発売の「住む」NO53.春号にも記事が載っています。

住宅デザイン学校の受講生は、記事を読んで出席してほしい。
そして、課題の敷地も、必ず見ておくように・・・。

テラバヤシ・セッケイ・ジムショa0122098_13173229.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2015-04-28 13:28 | 住宅デザイン学校 | Comments(0)

住宅デザイン学校2014 基本編終了 !

住宅デザイン学校2014 基本編が終了した。
今回、基礎編のテーマは、
普通の設計・あたりまえの設計を身につけよう、
そして、そこから考えようと、
校長の伊礼智さんから、提案があった。

住宅設計にとって、普通とは、あたりまえとは・・・。

設計課題を見終わって、感じる事は、
普通、あたりまえを身に付けている人は、
プランが良い方向で、展開していく。
その事がわからない人、身に付けていない人は・・・。

住宅設計にとって、普通とは、あたりまえとは、
どのようにしたら身に付くのだろうか。
僕は、どのように身に付けたのだろうか・・・。
いや、身に付いているのだろうか。

打ち上げ記念撮影、ニコッとしたつもりなんだけど・・・。

a0122098_18284766.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2014-07-30 18:32 | 住宅デザイン学校 | Comments(0)

名建築は、美しい骨格をもっている

先日、住宅デザイン学校、
新しいテーマで、講義をしてきました。

タイトルは、「建築の骨格・住宅の骨格」。

「良い建築は、美しい骨格をもっている」

その事を、5つの名作を使って、説明しました。

その後で、
僕の仕事における「住宅の骨格」の試みを説明。
独立してから、現在の仕事まで、10軒。
少しずつ、骨格=構造というイメージから、
変化して行く過程を見てもらいました。

建築の骨格、建築の存在で、生まれる事、感じる事、その意味。
建築の存在が、僕らの仕事。
その事を上手く話せなかった。
次回、機会があれば、そこの所、上手く話したい。

住宅デザイン学校 2014 基本編 第4回 その1

住宅デザイン学校 2014 基本編 第4回 その2

住宅の骨格
[PR]
by sato-sigenori | 2014-07-03 16:38 | 住宅デザイン学校 | Comments(0)

2014 住宅デザイン学校 前期のゲスト講師として

a0122098_18133968.jpg













今年も、ゲスト講師として、講義をしてきました。
伊礼さんから、今年のテーマは、
「普通の設計・あたりまえの設計を身につけよう」
とのこと。

僕は、ごく普通の考えからアプローチした上で、
プランをつくり込んで行く。
伊礼さんも同じとの事。

わかりやすい住宅を材料にして、説明しました。
その後は、住宅設計を「外側から考える」という講義。

住宅設計にとって、
「普通である事」、簡単そうで伝えるのは難しい。
基本に返ることだけど・・・。
少しは通じたかな・・・。

6月の講義は、「建築の骨格、住宅の骨格」です。
名作の骨格から、自作の骨格の話をしたいと思います。

住宅デザイン学校・2014年基本編第2回・授業の様子
[PR]
by sato-sigenori | 2014-04-26 20:05 | 住宅デザイン学校 | Comments(0)

住宅デザイン学校の最終日は、講評会

a0122098_2043474.jpg












昨日は、2013・住宅デザイン学校基礎編の最終日。
最終日は、課題の講評会。

30人が、それぞれ5ヶ月かけた課題を、講評して行く。

建築とは、「何か」とつかみかけている人。
図面は書けるが、何か足りない人。
どこから初めていいのか、わからない人。
そこを見極めながら、アドバイスをする。
そして、生徒たちは、たくさんの時間と、たくさん頭を使って、
模型をつくって、最終日の講評会を迎える。

アドバイスした人のプランが、良くなっているととても嬉しい。

まず普通によいプランをつくってみてください。
そこが難しい・・・。(笑い)
その上で、自分でこんな事したい、してあげたいと
思った事をプランにぶつけてみてください。
小さなアイデアでもいいです。一つでいいです。
つまみ一つでも・・・。

次に会うときは、仕事の話を聞かせてください。
お疲れさまでした。


a0122098_21175222.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2013-08-23 21:23 | 住宅デザイン学校 | Comments(0)

2013住宅デザイン学校 第3回 講義

住宅デザイン学校のFacebookに、
6/27講義の様子が掲載されています。
自分は、こんな感じで、講義をしているのか。(笑い)
一様、タイムスケジュールをつくって行ったのですが、
最後はマキマキでした。
スマートに話せるようになりたい。

「外側から考える」という講義、伝わったかな。
最終講評は、参加します。
生徒の皆さん、よろしくお願いします。

2013住宅デザイン学校
[PR]
by sato-sigenori | 2013-07-10 22:09 | 住宅デザイン学校 | Comments(0)

住宅を建築としてつくりたい

a0122098_178425.jpg













6/27(木)、
住宅デザイン学校のゲスト講師として講義をした。

タイトルは、「住宅を建築としてつくりたい」
その建築手法として、「外側から考える」。

では、「建築とは何か」。
その一番、難しい所から講義を始めた。
そして、僕が今、1番、しっくりする言葉を「建築」とした。
そこへ近づく一つの建築手法として「外側から考える」を説明。
「建築とは何か」の考えずには、
先へは進まないと思ったから・・・。

難しい事に、手を出した気がする。
お酒を飲んでいないのに、翌朝、頭が少し痛い。
疲れた。

irei_blog
[PR]
by sato-sigenori | 2013-06-29 17:31 | 住宅デザイン学校 | Comments(0)

6月27日は、住宅デザイン学校の講師

a0122098_9565260.jpg













伊礼さんの住宅デザイン学校の講師として、
今年もお手伝いする事になりました。

今回の講義内容は、「外側から考える」。
クライアントの希望は、家の内側の事ばかり。
僕たちの仕事は・・・。
そんな話を出来ればと思います。
[PR]
by sato-sigenori | 2013-06-24 09:50 | 住宅デザイン学校 | Comments(0)

住宅デザイン学校 2012年後期  最終回

a0122098_8514353.jpg






















昨日は、「住宅デザイン学校」今年後期分の最終回。
「アウトドアリビングのある(半戸外の居場所)のある住まい」
という課題の提出、そして講評。
後期の授業は、3回と少ない。
前回のたった1回の講評をもとに、今回の提出。
仕事しながらの、設計課題。
徹夜で、頑張って模型をつくったり・・・。
15人のうち、13人がしっかり、提出して来た。
さすが社会人、頑張りと真剣さが違う。
前回の講評をしっかりと受け止め、
丁寧につくり込んでいる事がうれしい。

受講生の皆さん、お疲れ様。
こちらも勉強になりました。
ありがとうございました。
住宅デザイン学校 facebook

伊礼さんから、講師として頑張ったと、
嬉しいコメントを頂きました。
もっと話し上手くなりたいなぁ・・・。
irei blog
[PR]
by sato-sigenori | 2012-12-14 09:14 | 住宅デザイン学校 | Comments(0)