ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

八ヶ岳高原・基礎工事

a0122098_833472.jpg

基礎工事が進む。
緩い斜面に、ボックス型の基礎。
凍結深度による深基礎と、斜面から生まれた高基礎。
基礎の仕切りは、床暖房でなく、床下暖房のピット。
水周りエリアは、配管凍結防止のため、冬季は通しでゆるく暖房。
その他のエリアは、利用時のみの暖房という理由から、
エリアごと、基礎壁によって、仕切られている。
それが、不思議な基礎に見える理由。

このような仕事をさせてもらっていることに感謝。

温熱環境設計は、 システムクリエイト。

a0122098_8393879.jpg

[PR]
by sato-sigenori | 2017-09-01 08:39 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)
<< 八ヶ岳高原・敷地に居心地の水平線 野塩の住宅・葡萄棚工事が始まった >>