ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

連窓、段窓

a0122098_9101195.jpg





















僕の建物は、連窓、段窓が多い。
そのパーツを使い、たくさんの組み合わせを考えて来た。
光は欲しい、風は通したい。
だけどブラインドは揺れる、プライバシーは・・・。
景色は・・・、網戸は付くし・・・。
チァーミングで、オリジナル窓もつくれた。

今年から、サッシの防火基準改正で、
防火地域、準防火地域の延焼の恐れある部分は、
木造サッシの連窓、段窓が使えなくなる。
新しい防火基準では、認められていない。

なぜ、そんな事になったのか。

今までは、サッシ業界がつくった認定機関が、
サッシの防火認定を出していた。
数年前、あるメーカーが、防火認定の検査をごまかした。
その事が原因なのか、
国土交通省が乗り出し、国土交通省が認定機関となり、
厳しい認定基準を新しくつくった。
他に理由は考えられない。

それに便乗して、サッシメーカーは、
厳しい国土交通省仕様となり、
サッシの値段が、3倍以上になった。
話がぐちゃぐちゃだ。
サッシメーカーと国土交通省はグルなのか。
誰が徳をするのか。
貧乏くじを引くのは、
消費者なのか、僕のような小さな設計事務所か。

さあ、これから、どうしよう。
[PR]
by sato-sigenori | 2014-02-13 09:13 | 上井草の住宅 | Comments(0)
<< 優しい光、生きた光 丸テーブル >>