ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

瑕疵担保責任による防水立ち上がり

僕の設計する建物のバルコニーは、耐久性を考え、
鉄骨の片持ち梁構造が多い。
姉歯問題が無ければ、いつも通りつくっていたのだが、
しかし、瑕疵担保責任の設計基準の中には、
その仕様が書かれていない。
瑕疵担保責任の設計基準の防水の内容をつなぎ合わせて
検討して、ディテールをつくった。
うまく出来たのだが、その仕様で検査が通るか、
不安でしょうがない。
今日、瑕疵担保の検査官が、基礎の配筋検査に来たので、
鉄骨バルコニー納まり図で直接確認、OKをもらった。
他の現場で使う時は、
また、検査官に確認しないといけないのかな・・・。
a0122098_23145913.jpg
[PR]
by sato-sigenori | 2010-07-05 23:21 | 建築 | Comments(0)
<< 自作と作風 忘れ物 探し物 宝物 >>