ブログトップ

sato-blog

sigenori.exblog.jp

野塩の住宅・葡萄棚をもつ住宅

a0122098_13565978.jpg






















先日、造園工事も終わり、無事に引き渡し。
敷地は、南東の角地。
この角地に、建物を考え、つくるのが、今回の仕事。
結果として、葡萄棚をもつ住宅となりました。

葡萄棚らしくなるのは、3年後ぐらいでしょうか。
美味しい緑が、広く伝染してほしいと思います。
[PR]
# by sato-sigenori | 2017-09-21 14:00 | 野塩の住宅 | Comments(0)

八ヶ岳高原・敷地に居心地の水平線

a0122098_22113861.jpg

建物の基礎が完成した。
緩い斜面に水平線。
ここが、床の基準となる。

敷地のもつ緩い勾配と、道路などの周辺条件、
居心地を考えながら、丁寧に床の高さを検討した。

ほっとした。
大地に線を引く、贅沢な仕事だ。
a0122098_22175523.jpg

[PR]
# by sato-sigenori | 2017-09-15 22:19 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)

八ヶ岳高原・基礎工事

a0122098_833472.jpg

基礎工事が進む。
緩い斜面に、ボックス型の基礎。
凍結深度による深基礎と、斜面から生まれた高基礎。
基礎の仕切りは、床暖房でなく、床下暖房のピット。
水周りエリアは、配管凍結防止のため、冬季は通しでゆるく暖房。
その他のエリアは、利用時のみの暖房という理由から、
エリアごと、基礎壁によって、仕切られている。
それが、不思議な基礎に見える理由。

このような仕事をさせてもらっていることに感謝。

温熱環境設計は、 システムクリエイト。

a0122098_8393879.jpg

[PR]
# by sato-sigenori | 2017-09-01 08:39 | 八ヶ岳高原 | Comments(0)

野塩の住宅・葡萄棚工事が始まった

a0122098_17191972.jpg


葡萄棚の工事が始まった。
棚の鋼材フレームのサイズを可能な限り小さくしたい。
主役は、鋼材でなく、植物。
自ら、ホームセンターで、2種類の鋼材を買って、
現場に据えて、みんなで確認。
初めてのディテールで挑戦する葡萄棚。
現場に通って考えるしかない。
うまくいっている。

このようなチャレンジは、
現場監督の積極的な協力と努力なしでは、できない。
監督も楽しそうに見えるのは、気のせいかな・・・
施工 クリエイトエイ・担当 小室猛
[PR]
# by sato-sigenori | 2017-08-26 17:23 | 野塩の住宅 | Comments(0)

2017・夏季休暇は デッキ工事と床オイル塗り

2017・夏季休暇は、デッキ工事と床オイル塗り

「府中の住宅」の完成して、11年目。

2階バルコニーのデッキ材は、ヒノキt=24。
5年前、特に痛んでいる6枚を交換を行った。
残りの30枚も痛みが激しく、今回、残り全て、交換。
オイルをたっぷり染み込ませて、セルフで取り付け。
また、10年ぐらいしかもたないだろうなぁ・・・。
それでも、足感触の良さから、ヒノキ材で頑張りたい。

床オイル塗りは、3年前の5月に行った。
基本2回塗装だけれど、都合で1回のみで終わってしまった。
そのため、今回がその2回目。
改めて、汚れを落とし、オイルを塗る。
乾燥時間(オープンタイム)と
生活をしながらの作業を考えると、1日では、塗りきれない。

結局、延べ3日間の作業、
毎日が筋肉痛だけれど、
宿題を終えた時のように、心は晴れ晴れ・・・。

手入れをしながら、暮らしを作っていく。
気持ち良い10年間が待っている。
趣味は、自宅の手入れと片付けかも・・・。
a0122098_22321540.jpg
a0122098_22324815.jpg
a0122098_22331471.jpg

[PR]
# by sato-sigenori | 2017-08-15 22:33 | 府中の住宅・すまいぶり | Comments(0)